フォトアルバムのデコり方はここから学ぼう!

フォトアルバムのデコり方はここから学ぼう!

掲載日:2016-08-05



最近は、フォトアルバムのデコレーショングッズも豊富に販売されるようになったので、デコレーションすることが楽しみになってきたのではないでしょうか?

でもそろそろ飽きてきたなんて人は、ワンランク上のデコレーションにチャレンジするのも良いかもしれません。参考になりそうな情報源をまとめてみました。

アルバム制作会社のウェブサイトを参考にしよう

アルバム製作会社のウェブサイトを見てみると、たくさんのアレンジ集が出ているのでとても参考になります。特にイラストの効果的な挿入のしかたや、リボンなどのデコレーショングッズの使い方が多種多様にのっているのです。

やはりプロが作るものは、センスが良いです。色使いなどもとても参考になります。フォトアルバムは自分だけのもので転売するわけではないので、思いっきりマネしたって誰にも訴えられませんよ。安心してマネしちゃいましょう。

アルバム製作会社によっては、メールマガジンなども発行しているので、それを読んでおけば最新のアルバムフォーマットなどができた時に、いち早く情報を得ることができます。

また、フォトアルバム作成会社のテンプレートなどを参考にしても良いかもしれませんね。テクスチャーをこっそり頂いちゃう手もありますよ。

個人のブログ記事を参考にしよう

インターネットを通じて世の中を見てみると、フォトアルバムの作成が趣味の人がたくさんブログを掲載しています。

そんな人たちは、自分たちのアルバム作成テクニックを惜しげもなく披露してくれているのです。そんな記事を参考にしない手はありませんよね。ブロガーの意見を参考にするメリットには、色々な年齢層の人の意見が見られるということです。

高校生などのポップで、デコレーションしまくった作品や、主婦が家族の記念写真を可愛らしくまとめているもの、年配の人たちが趣味の風景や草花の写真をセンス良くまとめているものなど様々です。

お気に入りのブロガーを見つけて、定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか?気が合いそうな人であれば、コメントなどをして、お友達になってみると情報交換も有意義にできそうですね。あなたのデザインスキルもあがるかもしれません。

手芸サイトから使えるエッセンスを抽出しよう

意外と参考になるのが手芸サイトかもしれません。リボンなどの最新アイテムから、刺しゅうテクニックなどフォトアルバムの世界を超えた幅広いジャンルの中から情報が得られます。何かアイデアが浮かんでくるかもしれませんね。

例えば、フォトアルバムの表紙に、布地を使用して刺しゅうを施してみるなどいかがですか?刺しゅうなど入れると手作り感が満載でぬくもりも感じられます。

手芸サイトの中には、デコレーションするターゲットの製品をカテゴリー別に情報を掲載しているところもあり、その中でも、携帯電話や文具などのカテゴリーは、フォトアルバムに直結するようなデコレーション例が豊富に掲載されています。

他にも、アクセサリーやフラワーアレンジメントなどのカテゴリーもチェックしておくと、フォトアルバム作りにより一層幅が出てきそうですね。

使える情報源はすべて使ってオリジナリティーを追求

フォトアルバム作りにさらに幅を持たせるための参考になりそうな情報源を紹介してみました。

アルバム製作会社のプロのテクニックを参照したり、個人のブログでオリジナリティーを吸収したり、手芸サイトから幅広い情報を得たりなど、インターネットの世界にはたくさんの情報が満載です。

今までのフォトアルバム作りからワンランクアップさせるには、自分の殻を飛び出し、色々な人たちの作品を見ることです。無料で得られる情報はすべて吸収して、楽しみながらフォトアルバムのデコレーションをおこなってみましょう。

また、個人などのブログなどを利用することで、もしかしたら新しい友人などもできるかもしれません。そんなふうに友人を増やして、自分たちで作ったフォトアルバムをプレゼントしあえるような仲になれば、より楽しい生活が送れますね。

まずは写真をあてはめながら、考えてみませんか?
注文ボタンを押すまでは、費用は一切かかりません。

スマホでフォトブック・写真アルバムを作成・注文するならMYBOOK LIFE

スマホで作る方はこちらのQRコードから!

この記事もおすすめ

>> 可愛くみせるコツは?フォトブックのレイアウト
>> フォトブックに使える素材はこうして手に入れる!


フォトブック・写真アルバムの作成はこちら

PAGE TOP

Copyright © 2003 ASUKANET All Rights Reserved.

プライバシーマーク 株式会社アスカネットは、個人情報保護活動を企業活動における最優先事項のひとつとして位置付けております。