フォトブック・フォトアルバム・写真アルバム作成ならマイブック デジカメやスマホで撮った写真は
フォトブックにして本棚に並べましょう

便利な機能の紹介

本当はあるのに、知られていない機能の紹介!

1

写真の幅や高さを揃えたい時が何度もあったのですが、目でなんとなくあわせることしかできないので残念でした。ぐすぐす。

解決!

写真の幅を揃えるためには、複数の方法があるんじゃ。一番簡単なのは、グリッドやガイドラインを使う方法。説明するより見たほうが理解しやすいので、この動画を見るんじゃ。ぐいぐい。


2

写真の切り抜き機能があるといいなと思います。ぐすぐす。

解決!

切り抜きは・・・・・・・あるんじゃ。
切り抜きというよりは、画像の拡大縮小じゃが、同様の結果を得ることができるんじゃ。長く説明するよりはこの動画を見よ。ぐいぐい。


3

異なるフォトブックデータ(mb4)間でページのコピーができるとよいです。ぐすぐす。

解決!

これも出来るんじゃ。

  • 1. MBE4のページタブ内で別のブックに移動したいページのサムネイルを右クリック。
    メニューの中から「ページを保存」をクリックするんじゃ。
  • 2. すると、ページファイルを保存できる画面になるので、名前をつけて保存じゃよ。移したいフォトブックデータ(mb4)を開き、ページタブの中から「ページの置き換え」を選択して、先ほど保存したページファイル(mbp)を読み込んだら完成じゃ。ぐいぐい。

4

小さい文字を移動するときにポインタが合わせづらく、文字が誤って拡大されてしまうのが不便でした。ぐすぐす。

解決!

編集画面は大きくすることができるじゃよ。編集画面を大きくしたら小さい文字でも移動はらくらくじゃ。この動画を見よ。ぐいぐい。


5

写真の重なり部分をどちらの部分を上に出すか選択が出来なかったです。ぐすぐす。

解決!

これもできるんじゃ。

  • 写真を選択して、右クリックしたメニューの中に「階層」という項目があるので、その中の「最前面へ移動」「前面へ移動」「背面へ移動」「最背面へ移動」で重なりを変更すればいいんじゃ。ぐいぐい。

6

写真に複数の画像効果(キーラインやドロップシャドウ)を設定しました。
同じ効果を複数の写真に適用できますか?一つ一つするのは面倒です・・・ぐすぐす。

解決!

これはできるんじゃ。

  • 1.まず画像にキーラインやドロップシャドウ、あとは画像効果や透明度など全ての効果を設定するんじゃ。
  • 2.その画像を右クリックのメニューで「コピー」するんじゃ。
    つぎに同じ効果をかけたい画像を複数選択するんじゃ。
    複数の画像の選択は「ctrl」キーを押しながらするんじゃぞ。

    最後に選択している複数の画像を右クリックして、「装飾を貼り付け」を選択するんじゃ。 これで複数の画像に同じ効果が設定できるんじゃ。ぐいぐい。

7

複数の写真の移動を一度にできませんか?ぐすぐす。

解決!

これもできるんじゃ。

  • 「ctrl」キーを押しながら画像を選択すると、複数選択が可能じゃ。
    選択した複数の画像は一緒に移動させることができるぞ。ぐいぐい。

    もうひとつ、「ctrl」キーを押しながら画像をクリックして複数選択したあとに、右クリックのメニュー内の「グループ化と解除」の「グループ化」を選択すると、
    複数選択している画像全てがひとつのグループとして扱われるので、何度も同じ画像を選択しなくてよいので、使い方によっては便利じゃ。

    「グループ化」は「グループ化と解除」のメニュー中の「グループ化の解除」から解除することも可能じゃ。

8

表紙が左から始まるのか右からはじまるのかよく解らない。ぐすぐす。

解決!

  • これは一度作ってみるしかないかもしれんが、右(う)が表(ひょう)紙なので、「うひょうー」と語呂合わせで覚えておいてもよいかもしれんな。ぐいぐい。

    まぁ、よく見ればエディタに書いてあるんじゃがの。。

9

編集中に、ブックサイズの変更が出来れば良いのですが。ぐすぐす。

解決!

ブックサイズは…変更できるんじゃ。

  • エディタの中央に作成中のブックのサイズやページ数が書いてある隣に「本のアイコン」があるんじゃが、 そこから大きいブックから小さいブックへの変更だけできるんじゃ。

    たまに聞かれるから併せて答えると、小さいブックから大きいサイズへ変えることも技術的にはできるんじゃが、それまで使ってる画像を大きいサイズに併せて引き伸ばすと写真が荒れてしまうんじゃ。

    注文の直前なんかに写真を全部大きいサイズに変えてもらうことはとても大変なので、ここはあえて大きいブックから小さいブックにのみ変更できるようにしておるんじゃ。ぐいぐい。

10

書店の写真集程度の厚み』と書いてあったのですが、どのくらい厚いの?ぐすぐす。

解決!

ハガキを例に説明すると、マイブックの中のページは、
「ハガキ > MyBookDX > MyBookART > 映画パンフレット > コピー用紙」
となるんじゃ。ぐいぐい


11

数冊注文して、送付先をそれぞれ変えることは可能なんでしょうか?可能・不可能が分かりませんでした。ぐすぐす。

解決!

すまん。送付先は1回の注文につき、ひとつしか指定できんのじゃ。ちなみに注文は、異なる3データを1回の注文としてとは注文ができるんじゃ。

なお、送料(金額)についてはここを参考にしてほしい。



12

写真を誤って移動してしまいました。レイアウトした写真の位置をロックする機能があればよいのになぁ。ぐすぐす。

解決!

ロック機能はあるんじゃ。

  • テンプレートなどでも使われている機能じゃが、ロックしたい画像を選択して右クリックメニューから「ボックスを固定する」を選択すると、画像が固定されるんじゃ。ぐいぐい。

13

整列やガイドラインの機能がほしい。ぐすぐす。

解決!

整列の機能は残念ながらないのじゃが、ガイドラインはあるんじゃ。

ガイドラインを使って整列をさせることは可能じゃ。

  • 1.ガイドラインは、エディタ右上の設定画面を開いて「全般」のタブ内の「ガイドラインを表示する」にチェックを入れるんじゃ。 すると一緒に「ルーラーを表示する」にチェックが入るはずじゃ。ルーラーとはここでは物差しのことじゃ。


  • 2.編集画面に戻ると、編集画面の上と左にルーラーが表示されているはずじゃ。 そのルーラーの上でマウスの左ボタンを押したまま、編集画面の方向にドラッグすると赤いガイドラインが引くことができるはずじゃ。ガイドラインは印刷されることはないので、表示したままでも問題はないんじゃ。削除したいときはガイドラインを右クリックして削除するか、ガイドラインをドラッグしてルーラーのところまでドラッグすると削除することが可能じゃ。ぐいぐい。


14

追加注文する場合の期限があるのか分かりませんでした。ラッピングサービスがあるのか分かりませんでした。ぐすぐす。

解決!

追加注文というのは注文したデータを保存してもらうことでいつでも注文が可能じゃ。
追加注文で金額が安くなるということはないんじゃ。

ラッピングサービスなどは今はないんじゃが、いずれ実現したいんじゃ。
でも専用のギフトキットは用意しておるぞ。マイブックと一緒に同梱するから、自分で好きなようにラッピングすることができるんじゃ。ぐいぐい。


これは知ってたら、便利な機能の紹介!

1

イラストの色を変更できることは、ご存知か?

解説

  • 1.色を変更したいイラストを選択し、ダブルクリックするんじゃ。

  • 2. 画像効果の画面が開くので、その中から「色調補正」を選択し、「詳細設定」を開く。

  • 3. 「詳細設定」の中の「色相」「彩度」を変更すれば、イラストの色が変わる。これは非常に使えるテクニックなんじゃ。ぐぎぎ。


2

テンプレートの背景の色を変更できることはご存知か?

解説

  • テンプレートの背景色は変更できるんじゃ。
    今回紹介するのは、テンプレートの中でも人気上位の「ブルーエフェクト」の加工じゃ。 このテンプレートの背景色は、エディター下の「背景色」を利用しとるので、「背景色」から色を変更することができるんじゃ。
    簡単に変更できて尚且つイメージは大きく変わるので、これは便利じゃ!ぐぎぎ。


3

テンプレートにレイアウトされた画像ボックスのレイアウト変更できるってことはご存知か?

解説

  • だれでもテンプレートの画像ボックスを移動や変更したいと思ったことがあるはずじゃ。 そんなときは、位置をずらしたい画像ボックスを選択して、右クリック。
    メニューの中の「ボックスを固定する」に入っているチェックをクリックして外すと、画像ボックスを動かすことができるんじゃ!便利じゃのう。

    また、画像ボックスをなくしたいときは、なくしたい画像ボックスを選択してキーボードの「delete」ボタンを押すんじゃ。 予め画像ボックスにサンプル画像が入っている場合は、一度押すとサンプル画像と画像効果が消えて、もう一度押すと画像ボックスが消えるんじゃよ。ぐぎぎ。

みんなの作品MyBookGalleryへ ギャラリーを隠す ギャラリーを閉じる ギャラリーを表示する